起業するということは、全ての判断と責任、結果を自分で背負うということです。
それは、孤独と重圧との戦いです。ゆるくはありません。
しかも、起業後2年間でたくさんの方が、廃業してしまうのが現実です。
野生動物の世界では、生まれて数時間のあかちゃんでも、大人と同じように走らなければなりません。
それと同じ厳しさが、事業には求められます。
でも、それに耐えて、打ち勝ったとき、辛さの分だけ、大きな喜びがあります。

MBCはそんなあなたを、勇気づけたいと思っています。
MBCは専門家の立場で、応援したいと思っています。
MBCはあなたが生き残り、100年企業となる、お手伝いをします。

 電 話  042-758-5681
 FAX  042-758-5531
 メールでのお問い合わせはページ末尾よりお進みください。

会社という体裁をとらなければならない大手企業の下請けなど以外は、個人営業でなんの問題もありません。
むしろ、経理も単純、儲かったお金が全部事業主のものになる、個人営業のほうが、最初は適していると言える.かもしれません。
飲食店の保健所への届け出や、古物商のように、それがないと営業できない届け出はご自身で済ませてください。
開業後なるべく早く、税務署等に次の届け出を提出する必要があります。

『開業後、必要な届』

「個人事業の開業届出書」
青色申告を行う場合は、「青色申告承認申請書」
青色専従者給与を支払う場合は「青色事業専従者給与に関する届出書」
給与を支払う場合は「給与支払事務所等の開設・移転・廃止届出書」
源泉所得税の納期の特例を受ける場合は「源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書
特殊な棚卸の評価方法や特殊な減価償却の方法を採用するなら「棚卸資産の評価方法・減価償却資産の償却方法の届出書」
消費税の課税事業者を選択するなら「消費税課税事業者選択届出書」
消費税の簡易課税制度を選択するなら「消費税簡易課税制度選択届出書」 等

これらの書類は一般的なもので、事業計画に沿って、提出する必要があるかを、検討します。


開業してすぐ借り入れというのも、あまり感心できませんが、そうする場合もあります。
生活金融公庫という政府系金融機関にその制度があります。
もちろん、いろいろな審査を受けなければ、貸してはくれません。
その中でも、もっとも大切なのが「事業計画書」です。

MBCでは、その方法をお教えし、お手伝いします。
会計ソフトを使った記帳も、相談にのります。
起業は簡単ですが、継続することは、そう簡単ではありません。
でも、やることは一つ。プラン・ドゥ・チェックです。
MBCではこの事業計画書をはじめ、初めての「経営」をサポートします。
「鉄は熱いうちに打て!」ぜひ、ご連絡ください。

 電 話  042-758-5681
 FAX  042-758-5531
 メールでのお問い合わせはページ末尾よりお進みください。

会社を経営することは、個人営業よりも難しいかもしれません。
税法の規定も複雑で、個人の感覚に合わないものもあり、戸惑います。
でも、個人で営業していた人も、最後は会社にすることが多いのはなぜでしょう。
会社の方がかっこいいから?
実は会社にすると、いろいろなデメリットもありますが、次のようなメリットがあるからなんです。
 事業と生活を完全に分離でき、業績が明確に、把握できる。
 社長が給料をとることで、個人の生活が安定する。
 個人よりも経費で認められる範囲が広い。
 節税対策がやりやすい。
最大のポイントは社長の給料(役員報酬といいます)が損金(経費)になることですが、そのためには
毎月、一定額を、一定の日に、支払わないといけないことです。
会社設立後、なるべく早く、税務署等に次の届け出を提出する必要があります。

『会社設立後必要な届』

「法人設立届出書」
青色申告を行う場合は、「青色申告承認申請書」
給与を支払う場合は「給与支払事務所等の開設・移転・廃止届出書」
源泉所得税の納期の特例を受ける場合は「源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書」
特殊な棚卸の評価方法や特殊な減価償却の方法を採用するなら「棚卸資産の評価方法・減価償却資産の償却方法の届出書」
資本金が1000万円以上なら「消費税の新設法人に該当する旨の届出書」(一定の場合は不要)
消費税の課税事業者を選択するなら「消費税課税事業者選択届出書」
消費税の簡易課税制度を選択するなら「消費税簡易課税制度選択届出書」 等

これらの書類は一般的なもので、事業計画に沿って、提出する必要があるかを、検討します。


開業してすぐ借り入れというのも、あまり感心できませんが、そうする場合もあります。
生活金融公庫という政府系金融機関にその制度があります。
もちろん、いろいろな審査を受けなければ、貸してはくれません。
その中でも、もっとも大切なのが「事業計画書」です。


MBCでは、その方法をお教えし、お手伝いします。
会計ソフトを使った記帳も、相談にのります。
起業は簡単ですが、継続することは、そう簡単ではありません。
でも、やることは一つ。プラン・ドゥ・チェックです。
MBCではこの事業計画書をはじめ、初めての「経営」をサポートします。
「鉄は熱いうちに打て!」ぜひ、ご連絡ください。

 電 話  042-758-5681
 FAX  042-758-5531
 メールでのお問い合わせはページ末尾よりお進みください。


お問合せはお気軽に