mbc0105.png 190507mbc01shugou.jpg mbc0102.png mbc0103.png mbc0104.png

名前をクリックすると関連HPにリンクします













峰岸幸夫が昭和57年に個人事務所を立ち上げ、すでに30年以上がたちました。
そこに、原田、白井、中山が加わり、MBCという大きな樹が育ち、平成26年7月、ついに税理士法人を設立いたしました。
法人、個人の税務、経営はもとより、相続税にも実績を積み、地元での信頼をいただいております。
法人設立、事業承継、資金繰り、相続税など様々なご相談に対応いたします。
お気軽に、ご相談ください。

○独自の経営分析であなたの会社を守ります。
 MBCでは、毎月の試算表から事業経営に必須の経営指標を用い、お客様の事業の状態・成績を独自の方法で評価・診断。財務状態の赤信号を早期に発見します。
私たちの夢は100年後もお客様と一緒に仕事ができることです。

○法律の専門家集団があなたの事業を幅広くサポートします。
 MBCは、税理士のほか、弁護士、弁理士、司法書士、社会保険労務士、行政書士など、法律の専門家と手を組み、MBCコンサルティンググループを形成しています。日常の経営に関する悩みや、法律に関する相談など、お客様のニーズに幅広く対応します。

相続税無料セミナー情報

不動産オーナーの相続税対策

第18回セミナー

開催日:令和元年10月20日(日)13:30〜16:30
会 場:ぽっぽ町田
(地下1F 会議室1)

セミナーパンフレットPDF
PDFダウンロード


セミナー視聴はこちら

税理士からのメッセージ

理士 白井 清一

相続における預貯金の取り扱い 

 以前は、遺産の中の預貯金は相続の開始と同時に法律で定めれた相続分により相続人に帰属するものとされ、法律的には自分の法定相続分の払戻しを金融機関に請求することができました。

 この取り扱いが平成2812月の最高裁の判決により変更され、相続における被相続人の「預貯金については遺産分割の対象とする。」とされたことはマスコミでも取り上げられたのでご承知の方も多いと思います。

この取り扱いの変更で遺産分割が整わない間は預貯金の払戻ができないこととなり、被相続人の葬儀費用やそれまで扶養されていた人が生活費の工面をできない場面も出てきます。

 そこで平成30年の春の国会で最高裁の判例変更に沿った民法の改正がされ遺産分割前の仮払い制度が創設されました。

その内容ですが、相続人はその金融機関にある預貯金の額の3分の1に法定相続分をかけた金額(但し、150万円を限度とする。)を単独で払い戻しを受けることができることとされました。

 例として、相続人が配偶者と長男・次男の子供2人でA銀行の預金が1,500万円とすると次のようになります。

 配偶者が払戻をするとき、1,500万円×1/3×1/2250万円の内150万円を限度として払い戻しを請求することができます。

 同様に長男・次男について見ると1,500万円×1/3×1/2×1/2125万円となり、125万円までは払戻を請求できることになります。

 この払戻し限度金額の計算は金融機関ごとに行います。つまり最大で150万円を預金のある金融機関の数だけ払戻ができることになります。

 この取り扱いが適用されるのは、今年の71日からですが、6月までの相続についても、これから預金の払戻しを請求するのであれば適用があります。

 できるからと言って、各相続人が自分勝手に払戻しを受けると感情的な問題にも発展し他の財産の分割にも支障が出ることが懸念されますので、速やかに円満な分割を行った上で預貯金の払戻しを受けるべきだと考えます。

税理士 中山 吉晴

マクドナルド藤田田氏の教え

日本マクドナルドの創業者、藤田田(ふじたでん)氏の著作、「ユダヤの商法」が再販され、人気のようです。
半世紀を経て、ようやく世の中が藤田氏に追い付いてきたようで、いい教えがいくつもありましたので、ご紹介します。

金を貸したい人と借りたい人はどちらが多いか?
借りたい人が多いのではと思うが、実は貸したい人が多い。
銀行はその貸したい人から預金を得て、事業者に貸し付け、儲けている

よく考えると金を貸したい人の方が圧倒的に多いのかもしれません。
金融商品詐欺にあう人や、インターネットでお金を集めるクラウドファンディングに出資する人が大勢いることが、その表れです。
世の中には貸したい人が大勢いる、これはすごい気づきです。

儲けたければ
①女を狙え(女性相手の商売をやれ)
②口を狙え(食品、飲食関係の商売をやれ)

これは今でも通用する真理です。
女性相手の健康、美容、ダイエットなどの商品は不景気な今の世でも売れ続けています。
また、家、車、家具、その他の家庭での買い物の主導権は、たいがいの場合女性にあります。

食品、飲食店等、口に入れる商品は必ず消化され、次が必要になるため、永遠に売れ続けるわけです。
そして飲食店ほど、社長の工夫やアイディア次第で短期間で成功できる商売はそうはありません。

なぜ脱税でおたおたするか?税金を組み込んだ販売計画を練ればいいのに。

儲かった、だけど税金払うの嫌だ、が普通の感覚ですが、藤田氏は納税まで計画に組み込み、これだけ儲けて納税後にこれだけ残そう、と考えていたのでしょう。
そして、その計画以上に実績を上げていたわけです。

(他人の)時を盗むな  不意の客は泥棒と思え。
時は金なり、あなたの月収から時給を計算して、30分の無駄はいくらに換算されるのか?

藤田氏は不意の客には会わなかったようです。
事前に予約を求められた場合も、アポイントは10分単位で設定して、価値のない話は、早々にお引き取りいただいていました。
これは藤田氏が自分の時間をいかに大事に、濃密に仕事をしていたか、ということでしょう。

暇のない人間は金儲けができない。商人はまずヒマを作れ

ヒマを作るには効率化、権限移譲、いろいろやりかたはあるのでしょうが、経営者は経営のことを考える時間がなければ、稼げるわけはありません。
忙しいといって、日々の業務に逃げている私もおおいに反省しております
やはり、賢人の言葉は、時間がたっても風化しないのですね。

MBC合同会計ニュース 

<お知らせ>
今月のMBCニュースはリニューアル中につき工事中です。
しばらくお待ちください。


お問合せはお気軽に