mbc0105.png mbctop0016.png mbc0102.png mbc0103.png mbc0104.png

名前をクリックすると関連HPにリンクします













峰岸幸夫が昭和57年に個人事務所を立ち上げ、すでに30年以上がたちました。
そこに、原田、白井、中山が加わり、MBCという大きな樹が育ち、平成26年7月、ついに税理士法人を設立いたしました。
法人、個人の税務、経営はもとより、相続税にも実績を積み、地元での信頼をいただいております。
法人設立、事業承継、資金繰り、相続税など様々なご相談に対応いたします。
お気軽に、ご相談ください。

○独自の経営分析であなたの会社を守ります。
 MBCでは、毎月の試算表から事業経営に必須の経営指標を用い、お客様の事業の状態・成績を独自の方法で評価・診断。財務状態の赤信号を早期に発見します。
私たちの夢は100年後もお客様と一緒に仕事ができることです。

○法律の専門家集団があなたの事業を幅広くサポートします。
 MBCは、税理士のほか、弁護士、弁理士、司法書士、社会保険労務士、行政書士など、法律の専門家と手を組み、MBCコンサルティンググループを形成しています。日常の経営に関する悩みや、法律に関する相談など、お客様のニーズに幅広く対応します。

相続税無料セミナー情報

不動産オーナーの相続税対策

第17回セミナー

開催日:令和元年7月6日(土)13:30〜16:30
会 場:ぽっぽ町田
(地下1F 会議室1)

セミナーパンフレットPDF
PDFダウンロード


セミナー視聴はこちら

税理士からのメッセージ

理士 白井 清一

如月 

 いよいよ桜も散って、いよいよ「卯の花の咲く」と言われる4月です。
この卯月は「乏月」とも言われ、昨年収穫した米などの穀物を食い尽し、いよいよ新たな耕作を始めなければならい時期と言う意味もあるそうです。
 この卯月には、入学式、入社式などが行われ、更には、諸々の事柄や規制などが我々に押し寄せてきます。
 この話を書いている時にはまだ不明ですが、4月1日には新たな元号が発表されて皆様方には慌ただしく改元の準備をしておられることと思います。
また、中小企業を取り巻く環境もこの4月からはいろいろな面で対応を迫られるものがあります。
 その中でも影響の大きなものとして政府の推進する「働き方改革」があります。詳細については専門外ですが、罰則を伴う労働基準法の改正の中で特に我々中小・零細企業に直接影響があるものとして労働時間に関する改正があります。
 その一つが「時間外労働の上限規制」つまり、残業時間を制限しようというもので、原則月45時間、年で360時間を超えてはならないというものです。
 もっとも、中小企業に対する残業規制の適用は来年からと言う事で、一年の猶予があるとの事です。
 もう一つが社員・従業員の有給休暇の取得の励行です。年10日以上の有給休暇が付与されている社員・従業員に対し年間5日の有給休暇を確実に取得させなければならないというものです。
 経営者としては社員に休暇を取得させ、残業も減らしたいと思ってもこの人手不足の折、また、賃金コストの面などから余剰人員を抱えられるわけでなく、誰かが休むとその穴埋めを他の人が被らざるを得ず、これがまた残業につながり規制を受けるという悪循環に陥ることにもなりかねません。それでも目標が達成できないとペナルティを課すという厳しいものです。
 消費税も、経過措置の期限である3月31日の指定期日が過ぎて、10月からの原則10%、食料品等については8%という二重税率に向けての本格的な事務作業が現実のものとなってきました。

税理士 中山 吉晴

消費税は今から対応しないと間に合いません?

皆様ご承知のとおり、今年10月から消費税が改正(悪)されます。
8%の税率が10%になる。
②食料品(酒類を除く)の販売、レストランの出前などは8%の軽減税率となる。
③定期購読・週2回以上発行される新聞も8%の税率となる。
(以前は2回流れましたが、今回はどうも、実施しそうな感じですね)

皆様に大きく影響することをお伝えします。
①レジの改修、または買い替え(補助金があります)
複数税率に対応できるか?をメーカー等に確認してください。
(最低でも税率を10%に変更できなければなりません)
補助金の条件は次の通りです
・軽減税率の対象商品の販売を行っている中小の小売事業者であること
2019930日までに導入・改修・支払いを完了すること
20191216日までに補助金申請をすること
対象となるのはレジ、券売機1台あたり20万円までを上限とする
商品マスタの設定等が必要な場合にはプラス20万円で上限40万円
1事業者あたり上限200万円

②請求書等の記載事項の追加(請求書管理システムの改修等)
事業者は消費税を納めるときに、自分が払った消費税(仕入れや経費にかかる消費税)を控除できますが、この控除の条件として、請求書の保存が必要です。
その請求書に、10月からは次の事項を記載することが必要となります。
(仕入れ先の請求書にこの記載がないと、支払った消費税が控除できないことになります)
・軽減税率(8%)対象取引である場合はその旨
・税率ごとに合計した取引金額
(請求書に8%対象の合計金額と10%対象の合計金額の記載が必要です)
皆様の会社でも、この記載をした請求書を発行しないと、お客様からクレームがくるかもしれません。

請求書管理システムの改修等をした場合の補助金
補助金の条件は次の通りです。
・請求書管理システムの改修等を行う必要のある中小の卸売または製造事業者であること
2019930日までに改修を完了すること
・ベンダー等の代理申請のみ受け付け
補助率 原則かかった費用の3/4
1事業者あたり上限150万円

メーカーやベンダーは10月近くになると、受注が多すぎて対応できなくなると思います。
今の内によくご確認下さい。

MBC合同会計ニュース 

<お知らせ>
今月のMBCニュースはリニューアル中につき工事中です。
しばらくお待ちください。


お問合せはお気軽に